アルギニンの効果と1日にとるべき量、多く含む食品は?

アルギニンはアミノ酸の一種で、天然にも存在する成分です。

 

アルギニン自体は人体でも生成されるので非必須アミノ酸の一つです。しかし、私はアルギニンの存在とその効用を調べるにつれ、あまりの万能さに衝撃を受けました。妊活中はもちろん、平時から常に摂取をお勧めする栄養素です。

 

 

カラダに対するアルギニンの効果

 

アルギニンには、体内の血管を広げ、血の巡りを良くする働きがあります。これは、アルギニンが体内で変化する一酸化窒素の効用です。同じくアミノ酸の一種であるシトルリンと同様です。

また、アルギニンの摂取により、精子の数や運動性が向上するという実験結果があります。これは、アルギニンが体内でポリアミンという、精子の運動機能を促進する物質に変化するためなんだそうです。いうまでもなく、精子の数や運動性は受精、妊娠の成功率に影響します。

 

さらに、アルギニンには、脳下垂体を刺激し成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。成長ホルモンの分泌により体の免疫力、抵抗力が強まるので病気にかかりにくくなります。

アルギニンには、筋トレ後のの摂取による筋肉増強効果もあります。実際に、アスリートにもアルギニンの摂取は推奨されているようです。

 

このように、アルギニンには、精力増進、健康維持、筋力増強と、一石二鳥どころか三鳥、四鳥の効果がある「スーパーアミノ酸」なのです。

 

私は、健康維持だけでなく精力増強のために筋トレをしていますし、人にもオススメしています。筋トレ後に飲むプロテインドリンクをアルギニンサプリに変えれば、筋力増強+αで上記のさまざまな効果を受けられますね。プロテインやサプリ代もなかなかバカになりませんし。

 

が、しかし、

 

万能のアミノ酸思えるアルギニンですが、弱点もあります。

アルギニンには、副作用があるんです。

 

アルギニン自体は、強いアルカリ性を持つ物質です。(アミノ「酸」なのにアルカリ性です。紛らわしいですね^^;)

そのため、アルギニンを大量に摂取すると、胃が荒れてしまうのです。胃は、雑菌から自らを守るため、また食べ物を消化するために強い酸性を持つ「胃酸」を分泌しています。強いアルカリ性の物質が胃に入ると、胃酸を中和して胃が中性になってしまい、結果として胃が荒れてしまうんですね。

この副作用を避けるためには、アルギニン自身を酸で中輪してから体に入れるという方法が効果的。食品から摂取している分にはきにする必要はないんですが、サプリで摂取する場合は、かならずアルギニンをクエン酸などで中和しているものを選びましょう

 

1日にアルギニンはどれくらいとるべき?

 

アルギニンの効果を実感するためには、1日につき3000mg~6000mgのアルギニン摂取が必要です。

ただし、アルギニンは、中和しないまま摂取できる量は500mg〜1000mgが限界。それ以上は胃が荒れてしまいます。上記の必要量のアルギニンを摂取するには、アルギニンのアルカリ性を中和してあるサプリを服用するか、食事から摂る必要があります。

 

アルギニンを多く含む食品

 

アルギニンを多く含む食品の一例です。

 

(100g中のアルギニンの量)

・ 豚ゼラチン 7900mg
・ 鶏肉 1300mg
・ 豚肉 1000mg
・ 牛肉 1000mg
・ 落花生 3200mg
・ ごま 2700mg
・ 大豆 2700mg
・ 高野豆腐 4000mg
・ えび 2000mg
・ かに 1500mg
・ まぐろ1400mg

スクリーンショット 2015-08-16 17.32.29

 

肉、大豆、魚など、一般的にタンパク質が多く含まれているような食品はアルギニンの量も多いですね。魚は、まぐろの他にも赤身魚類にはたいてい1000mgを超えるアルギニンが含まれています。

摂取カロリーさえ度外視すれば、シトルリンなどと比べると、比較的日々の食事からも取りやすい栄養素と言えるでしょう。

 

アルギニンに関するまとめ

 

アルギニンは、特に男性にとってはこれ以上ないほど優れた栄養素だと思います。これを摂取し続けることで、男性の体の悩みの8割は解決してしまうんじゃないかってくらい。(余談ですが、アルギニンは薄毛にも効果ありとされています。8割どころか、9割5分くらい解決してしまうのかも・・・。)

 

アルギニンの効果には、シトルリンの効果である血行促進も含まれるので、アルギニンを十分な量摂取していれば、あえてシトルリンは意識して摂取する必要がないとも言えます。

コメントを残す